寄り添う気持ちを 「形」に

心の感染に気をつけて!

新型コロナウイルスに感染者が増加する中、人格を否定するようなひぼうや中傷があとを絶たないといいます。医療従事者をはじめ、感染リスクの高いお仕事に就く人たちを支えようという動きが広がっています。

シトラスリボンプロジェクト
見附市ホームページによれば、コロナ禍で生まれた差別、偏見を耳にした愛媛の有志がつくったプロジェクトです。愛媛特産の柑橘にちなみ、シトラス色のリボンや専用のロゴを身に着けて、「ただいま」「おかえり」の気持ちを表す活動を広めています。リボンやロゴで表現する3つの輪は、「地域」「家庭」「職場(学校)」を意味しています。

人を傷つけるのではなく、人を思いやり、「ただいま」そして「おかえり」って、優しく言い合える見附市であって欲しいと思います。

新テーマ型共同募金にご支援をお願いします!

にいがた・新テーマ型共同募金
みつけふれあい食堂が最後のエントリー

【募金期間:2024年1月1日~3月31日まで】