みつけふれあい食堂について

 

ごあいさつ

 みつけ・ふれあい食堂は、市民ボランティアの力を結集し、平成30年10月に初回プレオープンを経て、地域食堂を運営しています。参加対象者は、地域のこどもはもちろん、おじいちゃんやおばあちゃんも、お仕事が遅くなったお母さんやお父さんも、お子さんといっしょに気軽に来て頂いて構いません。
 また、活動の運営に際し、お力を頂いているサポートメンバーの皆さま、食材を提供して頂いています皆さま、ご支援を頂いております企業・団体の皆さまに心から敬意を表し厚く感謝申し上げます。今後とも、どうぞ宜しくお願い致します。
     共同代表 佐々木志津子 渡辺美絵

活動内容

 多世代交流をしながら、高齢者やこどもの孤食をなくそうと立ち上がった市民団体です。食堂を開催することで、こどもたちの学習支援や居場所づくりの必要性に気づき、食後に遊んだり、宿題の丸つけをするのも大切な時間となっています。みんながお腹いっぱいになって、心も体もあたたくなる場所であるよう活動しています。

活動実績

 平成30年10月18日の初回プレオープンから、令和2年2月末日までの17日間、原則毎月第3木曜の午後6 時30分から、こども食堂を定期開設し運営しています。同17日間の来場者数は累計で826人、内、こども利用者数は429人で、ボランティア参加者数342人を含めると、合計で1,168人の活動・交流を行っています。
 みつけ・ふれあい食堂は、こども達に利用条件を設けることなく、利用料金を「こども無料」「大人300円」とし、こども達の欠食や孤食対策、地域の中での学習支援、居場所づくりと併行し、一人暮らしの高齢者の孤食対策、働く一人親家庭の保護者の憩いの場を提供しています。これらの活動は、令和2年5月12日付けで、見附市より、行政とともに持続可能な開発目標に向けて、ともに活動する「見附SDGsパートナー」としての認定証を頂くことができました。


マスコミ掲載

見附SDGsパートナーに認定

見附市HP

20210320新潟日報

 

みつけ・ふれあい食堂規約

(会の目的)
第1条 この会は、地域の多様な個人が連携し、食を通して地域間交流を促進することで、誰もが安心して暮らせる地域づくりに貢献することを目的とする。
(名称)
第2条 会の名称を「みつけ・ふれあい食堂」とする。
(所在地)
第3条 この会の所在地を以下に置く。
みつけ・ふれあい食堂共同代表宅
(会員)
第4条 この会の会員は、次の2種とする。
(1)正会員  この会の目的に賛同して入会した個人及び団体
(2)賛助会員 この会の運営を賛助するために入会した個人及び団体(名称:サポーター)
(会費)
第5条 会員は、総会において別に定める会費を納入しなければならない。
(役員)
第6条 この会に以下の役員を置く。
(1)代表   2名以内
(2)副代表  若干名
(3)事務局長 1名
(4)幹事   若干名
(役員の任期)
第7条 役員の任期は1期2年とする。但し、再選を妨げない。
(会議)
第8条 この会の会議は、総会及び幹事会の2種とする。
(1)総会は年1回代表が招集し、①事業報告 ②決算報告 ③事業計画 ④予算 ⑤役員改選 ⑥規約改正 ⑦会費について議決する。
(2)幹事会は、総会の議決した事項の執行に関する事項について議決する。議決は、出席者の2分の1以上(過半数以上)の同意をもって決定する。
(事業年度)
第9条 この会の事業年度は毎年4月1日に始まり、翌年3月31日に終わる。
(細則)
第10条 この規約の施行について必要な細則は、幹事会の議決を経て代表がこれを決定する。
附 則
1 この規約は、令和元年6月3日から適用する。
2 この会の設立当初の会費は、第5条の規定にかかわらず、次に掲げる額とする。
(1)正会員3,000円/年 

(2)賛助会員 一口1,000円/年
3 第3条は、令和2年6月に改正した。
4 旧第8条(運営)は令和2年11月に削った。