新型コロナウイルス感染症流行下における子ども食堂の運営実態の把握とその効果の検証のための研究が公表

令和2年度 厚生労働科学特別研究事業として行われた「新型コロナウイルス感染症流行下における子ども食堂の運営実態の把握とその効果の検証のための研究」が公表されました。

研究結果からは、「子ども食堂」には、柔軟な対応力があること、協力し合うという人々のパワーを集めうる魅力があることが示唆されたこと。コロナ禍でも子ども食堂の約75%が活動を継続しており、自粛による孤立が懸念される中、地域住民の交流拠点あるいは食材・弁当配布等による食のセーフティネットとして重要な役割を果たしていることが明らかになったと結論づけられています。

この研究は、全国のこども食堂や自治体など、過去最大規模の調査数をもとに、新型コロナウイルス感染流行下での現状をまとめたものだそうです。関心のある方は、上記リンク先からpdfファイルをご一読ください。

新テーマ型共同募金にご支援をお願いします!

にいがた・新テーマ型共同募金
みつけふれあい食堂が最後のエントリー

【募金期間:2024年1月1日~3月31日まで】