水道管凍結に注意を

予報によれば、明日の最低気温はマイナス4度、場所によっては、強い寒気が入り込み、外気温がマイナス4℃以下になるときなどは、水道管の凍結に注意が必要です。

 水道管が凍結すると、水が出なくなるのはもちろんのこと、解氷工事や水道管が破裂した場合の修理に高い費用がかかります。

 また、湯沸し器などが凍結した場合、器具の故障の原因になるほか、アパートで水道管が破裂した場合、流れ出た水により下の階の入居者にまで迷惑をかける恐れがあります。
 水道管の凍結が予想されるときは、蛇口から箸の先くらいの太さの水を出しておくことが簡単な予防策です。

熱湯をかけるのはNG!

市ホームページでも、「注意喚起を促す記事」が掲載されていますのでご注意ください。
もし、家の中の水道管が破損したときは「見附市指定給水装置工事事業者(工事店)」に破損個所の修理を依頼することが必要です。

新テーマ型共同募金にご支援をお願いします!

にいがた・新テーマ型共同募金
みつけふれあい食堂が最後のエントリー

【募金期間:2024年1月1日~3月31日まで】