子どもの歯磨き中の事故に注意を

むし歯予防や口の中の衛生のため、歯磨きは子どもにとっても大切な生活習慣です。しかし、一方では歯ブラシをくわえたまま転倒し、喉を突くなどの事故情報が、医療機関から消費者庁に寄せられています。
平成28年4月から令和3年3月末までに、6歳以下の事故情報が「120件」報告され、そのうち3歳以下が「104件」となっています。中には、歯ブラシが口の中や喉に刺さって集中治療室に入室する必要が生じたなどの重大な事例が含まれているそうです。

 歯磨きをするときは、保護者がそばで見守り、床に座らせて歯磨きをさせましょう。子どもが歯ブラシを口に入れたり、手に持ったりしたまま歩き回ると、転倒したり、人や物にぶつかってけがをする危険があります。
また、子ども用歯ブラシは、喉突き防止対策を施したものを選び、保護者が仕上げ磨きをする歯ブラシと使い分けをしましょう。

消費者庁報道向けリリース (pdf)

子ども用歯ブラシの基礎知識を、子どもの年齢に応じて解説しているサイトを見つけました。毎日定期的に行う歯磨きだからこそ、注意したいものです。
アークレイマーケティング株式会社

新テーマ型共同募金にご支援をお願いします!

にいがた・新テーマ型共同募金
みつけ・ふれあい食堂がエントリー

【募金期間:2023年1月1日~3月31日まで】